下関の介護老人保健施設 青海荘はリハビリテーションを通じて皆様の在宅生活をお支えします

  1. ホーム
  2. 青海荘について

青海荘について

ごあいさつ

豊かで健やかな
高齢化社会を目指して

青海荘は昭和62年、全国で指定された7カ所の老健モデル施設の一つとしてオープンし、翌昭和63年4月1日、正式に開設しました。以降、在宅介護支援センター、デイケアセンター、居宅支援センターを整備し、父 頴原俊一が大切に育んだ「人の和」を以って、地域の皆様とともに歩んでまいりました。

これからも高齢者を取り巻く社会環境は大きく変化し、私たちが果たすべき役割も多様化するものと思われます。

父や多くの諸先輩方が描いた『豊かで健やかな高齢化社会』が実現されるよう、私達はお一人おひとりの「住み慣れた場所で大切な人と穏やかに暮らす日々」のお手伝いをきめ細かに実践し、高齢者ケアのパイオニアとしての使命を忘れず、努力を重ねてまいりたいと思います。

院長写真

管理者  頴原 健

経営理念

私たちは選ばれる施設を目指し、サービス至上に徹します

沿革

昭和62年5月1日 モデル事業開始(全国7カ所)
昭和63年4月1日 老人保健施設青海荘開設許可(定員32名)
平成元年9月27日 入所定員100名へ増員
平成2年11月16日 デイケア定員20名認可
平成5年4月1日 在宅介護支援センター開設
平成5年11月1日 デイケアセンター開設(特別デイケア開始)
平成6年8月22日 通所定員35名へ増員
平成8年3月1日 通所定員50名へ増員
平成11年11月19日 厚生大臣表彰 受賞
平成12年4月1日 居宅支援センター開設
平成12年4月1日 介護保険(みなし指定)サービス提供開始
平成18年4月1日 介護予防サービス提供開始
平成24年10月1日 在宅復帰・在宅療養支援機能加算取得
平成25年4月1日 在宅介護支援センター・居宅支援センターを武久病院へ移管

ページのトップに戻る